失業給付金の延長措置

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


失業給付金の延長措置

失業給付金の延長措置 どういうもの

 

会社員ママが退職すると、次の仕事に就くまで、雇用保険を受け取ることができますが、妊娠を理由として退職した場合すぐにはたらけないとみなされて支給の対象外になります。

 

そこで、育児が一段落したら給付金をもらいながら就職活動ができるように、失業給付を最長3年間{受給期間を含めて4年間)延長できる特例措置が認められています。

 

失業給付金の延長措置 対象となる人は?

 

離職前2年間に11日以上働いた人。

 

雇用保険に加入していた月が12ヶ月以上ある人で、一定期間後、働く意志のある人。

 

失業給付金の延長措置の手続き

 

退職して30日目の翌日から起算して1ヶ月以内に自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークに届け出ます。

 

退職時にもらう『雇用保険被保険者離職票1及び2』、母子手帳、印鑑、本人確認書類、写真をもっていきます。

 

出産間際の退職の場合、退職しすぐ出産した場合

 

あらかじめハローワークに手続き方法を確認しておきましょう。代理人や郵送で手続きが可能な場合もあります。

 

備考

 

・失業給付金の延長手続き中は夫の扶養に入れない場合もあり、その場合はいったん国民保険に加入しなければいけなくなります。パパの会社に確認しておきましょう。

 

産後働けるようになったら・・

 

ハローワークに行きましょう。失業給付金 を参考に・・

 

原則28日ごとに失業の認定のためにハローワークに行きましょう。認定日から1週間後に失業給付金が支給されます。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語