アフターピル

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


アフターピル

アフターピル・緊急避妊ピル

 

妊娠を望まない場合にS性交中にコンドームが破けたり・・など妊娠の可能性のある場合に 緊急的に使います。

 

■ 方法

 

性交後、72時間以内にアフターピルを2錠飲みます。

 

1回目の内服から12時間後に同じ薬をもう2錠内服します。

 

着床するまでに内服が必要になりますので早めに受診することが必要になります。

 

もし、72時間以上たってしまった場合は、子宮内避妊具を外来にて挿入する方法もありますので医師に相談しましょう。

 

■ 作用

 

排卵を抑制させたり、遅らせる効果・着床を抑制する効果があります。

 

内服したからといってその後の性交時の避妊を期待できるものではありません。

 

特に、排卵期前に内服したときは排卵が遅れるため、服用後の性行為で妊娠が起こります。

 

■ 副作用

 

吐気・嘔吐が1番多いとされていますが、24時間以内にはおさまるといわれています。

 

ほかに、頭痛、めまい、腹痛、乳房緊満、易疲労感などが見られることがあります。

 

もし、服用後2時間以内に嘔吐した場合は、十分薬が吸収されて無い可能性が高く、再度内服したほうが良いでしょう。

 

食後またはお菓子などを食べた後に服用すると多少吐気が軽くすむかもしれません。

 

嘔吐した場合は、医師に相談しましょう。

 

■ 避妊効果の確認

 

正確に使用した場合でもおよそ2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。 数日ないし数週間後に月経があれば、妊娠しなかったと判断できます。 予定月経が一週間以上遅れるようなことがあれば妊娠の有無を確認する必要があります。

 

■ 万一、妊娠してしまったら子供への影響

 

今まで知られている限りでは、異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常があったりということはありません。

 

■ どこに受診?受診したときにすることは?

 

産婦人科で、問診のみです。

 

■ 費用は

 

5000円〜15000円ぐらいといわれています。

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語