エコノミー症候群(深部静脈血栓症)

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


エコノミー症候群(深部静脈血栓症)

エコノミー症候群(深部静脈血栓症)

 

 

ふくらはぎなどの血管に血の塊(血栓)ができてしまう病気のことです。
その塊が肺に到達したときに肺の血管を詰まらせて(肺塞栓症)いろいろな症状をおこし(呼吸困難など)、最悪、死亡するケースもあります。

 

軽度症状として、足のむくみや痛み、ひどくなると 上記のように呼吸困難をひきおこします。

 

 

原因は、もともとコレステロールが高い人、血圧が高い人、生まれつき血液が凝固しやすい人などはリスクが高く、それにくわえて
足の骨折など怪我をした直後で動けない人、帝王切開など手術直後で動けない人、飛行機の中で同じ姿勢で座っている場合、糖尿病の人、妊娠中(普段の8倍)、ホルモン剤(経口ピル等)を飲んでいる方人、ホルモン剤(経口ピル等)を飲んでいる人に起こりやすいといわれています。

 

予防として一番良いのは脚を動かすことです。
足の指を曲げ伸ばし・足首をまわしたり、足首の曲げ伸ばしをして、筋肉の血流の循環を良くしましょう。

 

弾性ストッキングを使用するのも効果的です。(静脈瘤の人も使用)

 

また、脱水を起こさないように水分摂取も必要です。ただし、アルコールやコーヒーは利尿作用があり、逆効果です。水やジュースを飲みましょう。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語