新生児特有の病気〜陰部

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


新生児特有の病気〜陰部

新生児特有の病気〜陰部記事一覧

魔乳

魔乳とは? 生後2日目頃から、赤ちゃんのおっぱいが少しはれて赤くなり、おすと、おっぱいがでます。搾ったりせずに放置すれば1週間程度で出なくなると言われていますが、中には5〜6週間にわたって分泌が認められる事もあります。胎盤由来のホルモンの影響で問題ないでしょう。男女の別なくおこります。どんな症状がで...

≫続きを読む

 

新生児月経

新生児月経とは? 出生直後よりも、むしろ生後3〜5日目の赤ちゃんに見られることが多く、通常は1週間程度で終わります。お母さんのおなかの中にいた時からのホルモン(妊娠中に多量に分泌されているエストロゲン、プロゲステロンが赤ちゃんの血液にも移行し、その作用によって赤ちゃんの子宮内膜が肥大します。出生後に...

≫続きを読む

 

陰嚢水腫

病院で勤務していると、割りに多いのがこの陰嚢水腫。しばらく様子を見ることになります。陰嚢水腫とは?男の子の6%くらいの頻度で発症します。陰嚢水腫は赤ちゃんがお腹にいる胎生期に、睾丸が袋状の突起物と一緒に腹腔から外に下りてきて、その袋状のものがそのまま残ったために陰嚢がおおきくはれてくることを言います...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの便秘

新生児訪問・赤ちゃん訪問にいくと赤ちゃんの便秘の話が出ます。小さく生まれた子は特に便秘になりやすいですね。赤ちゃんによっては2〜3日に1回たっぷりという子もいれば、毎日何度もという子様々です。しばらくう〜んとうなっていても機嫌が悪くなければ様子を見てあげてもいいと思います。便秘とは?一般的に生後1ヶ...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語