出産費融資(貸付)制度

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


出産費融資(貸付)制度

出産費融資(貸付)制度 どういうもの?

 

貸付制度のある健康保険の被保険者か被扶養者で、出産予定日まで1ヶ月以内または、妊娠4ヶ月以上で医療機関に支払いが必要な場合、無利子で貸し付けてもらえる制度。

 

出産費融資(貸付)制度  借りれる額は?

 

原則的には出産育児一時金の8割。15万円だけでも・・・と言う場合もOKです。

 

自治体や健康保険によって異なるので確認しておきましょう!

 

出産費融資(貸付)制度   対象者

 

貸付制度のある健康保険の被保険者か被扶養者で、出産予定日まで1ヶ月以内か、妊娠4ヶ月以上で医療機関に支払いが必要な場合。

 

出産費融資(貸付)制度   申請先

 

国民健康保険加入者:市区町村の役所

 

勤務先健康保険加入者:年金事務所(旧社会保険事務所)又は健康保険組合

 

出産費融資(貸付)制度   申請に必要なもの

 

・出産費貸付金借用書

 

・母子健康手帳の写し

 

出産予定日を証明するものであればほかの書類でもかまいません。

 

・被保険者証または受給資格者票等 (原本提示・郵送の場合は写しでok

 

・印鑑

 

・妊娠4ヶ月以上で医療機関に支払いが必要な場合は医療機関などの請求書または領収書も必要です。

 

貸付金は後日銀行口座に振り込まれるので、世帯主の銀行通帳も必要です。銀行口座がない場合は、後日窓口で受け取りが出来ます。

 

出産費融資(貸付)制度 返済方法

 

出産後に支給される出産育児一時金で清算されます。

 

一時金の請求書に必要事項を記入して手続きすると、差額分が口座に振り込まれます。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語