出産手当金

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


出産手当金

出産手当金 どういうもの?

 

出産のためにママが会社を休んでる間の生活を保障し、安心して会社が休めるように健康保険からお金が支給される制度です。
(だったら、もっともらえるといいのに・・と思うのはみみりんだけでしょうか)

 

出産手当金 もらえる額は?

 

日給の約2/3×(産前42日(多胎の場合産前98日)+産後56日)の98日分

 

出産手当金 対象となる人は?

 

勤務先の健康保険か共済組合に1年以上加入している会社員や公務員であるママが、出産後も働くことを前提に産休をとった場合にもらえます。
ただし、国民保険の場合にはもらえません。

 

2007年4月より、退職後半年以内に出産した人、任意継続被保険者に対する給付が廃止されました。

 

出産手当金 手続きの方法

 

産休前に、勤務先の社会保険事務所か健康保険組合で『健康保険出産手当金請求書』の用紙をもらっておきます。

 

入院中に(入院中なら手続きスムーズです)、必要事項を医師また助産師に記入してもらい、勤務先へ持っていくか、郵便で届けます。

 

勤務先の証明をもらい、健康保険の窓口か社会保険事務所に提出します。
(提出は勤務先がおこなってくれる場合と、自分で提出しないといけない場合があるので窓口で確認しましょう。)

 

申請は産後56日以降に提出します。1〜2ヵ月後に指定した口座に振り込まれます。

 

出産手当金 備考

 

・出産当日は『産前』として数えられます。

 

・出産日が予定日より遅くなるとその分支給額が増えますが、
 逆に早く出産すると支給額が減ってしまいます。

 

・多胎の場合、支給対象となる産前休暇が長くなるのでその分手当金が増えます。

 

・産休中給与が出ている分調整されます。
 産休中に給料が2/3以上出る場合はもらえません。

 

  


**注意**
  休んだ日から2年たつと時効になるので早めに申請をしましょう!!

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語