双胎間輸血症候群(そうたいかんゆけつしょうこうぐん)

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


双胎間輸血症候群(そうたいかんゆけつしょうこうぐん)

双胎間輸血症候群(そうたいかんゆけつしょうこうぐん

 

一卵性双生児の場合、赤ちゃんの血管が胎盤などを通してて均等にながれているのが、その血液の流れが、何らかの原因でアンバランスになってしまった時の状態を双胎間輸血症候群といいます。

 

胎盤を両児で共有している一絨毛膜早退の15%に見られます。

 

1人が羊水過多(最大羊水深度が8センチ以上)もう1人が羊水過少(最大羊水深度が2センチ以下)と、同時に見られた場合診断します。

 

このような状態が長く続くと、片方の赤ちゃんは多血症になり、もう片方の赤ちゃんは血液が足りずに貧血になってしまいます。こうなると、どちらの赤ちゃんも子宮の中で状態が悪くなる恐れがあります。

 

妊娠中期に診断された場合、胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術が行われるようになってきました。

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

関連ページ

臍帯血バンク(さいたいけつばんく)
逆子体操(さかごたいそう)
里帰り出産(さとがえりしゅっさん)
子宮内容除去術(しきゅうないようじょきょじゅつ)
子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)
子宮頚管長(しきゅうけいかんちょう)
子宮頸管ポリープ (しきゅうけいかんぽりーぷ)
子宮口全開大(しきゅうこうぜんかいだい)
自動歩行(じどうほこう)
習慣流産 (しゅうかんりゅうざん)
手根管症候群 (しゅこんかんしょうこうぐん)
手掌把握反射(しゅしょうはあくはんしゃ)
小児ストロフルス(しょうにすとろふるす)
上腕骨長(じょうわんこっちょう)
深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)=エコノミー症候群
進行流産(しんこうりゅうざん)
陣痛(じんつう)
陣痛間欠(じんつうかんけつ)
陣痛発作(じんつうほっさ)
随時血糖値(ずいじけっとうち)
正期産(せいきさん)
生理的体重減少(せいりてきたいじゅうげんしょう)
切迫流産(せっぱくりゅうざん)
切迫早産(せっぱくそうざん)
前期破水(ぜんきはすい)
先天性副腎過形成(せんてんせいふくじんかけいせい)
先天性風疹症候群(せんてんせいふうしんしょうこうぐん)
早期破水(そうきはすい)
早産(そうざん)
足底把握反射(そくていはあくはんしゃ)

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語