妊娠高血圧症候群等の医療費助成

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


妊娠高血圧症候群等の医療費助成

妊娠中は、何が起こるかわからないもの。

 

母子の生命にもかかわる場合もあり急に、入院ということも少なくはありません。

 

そういった場合に助成してもらえる制度です。

 

ただし、所得制限及び申請期限がありますので、しっかり確認しましょう!

 

妊娠高血圧症候群等の医療費助成 どういうもの?  

 

妊娠高血圧症候群等の入院治療に要する費用で、医療保険を適用して生ずる自己負担額(入院時の食事療養費を除く)が助成されます。

 

妊娠高血圧症候群等の医療費助成 対象者  

 

東京都の場合

 

・前年の総所得税額が、30,000円以下の世帯に属し対象となる病気の診断を受けた妊婦さん

 

・上記以外のかたで、対象となる病気の診断を受け入院見込期間が26日以上の妊婦さん

 

東京都以外の場合

 

・対象となる病気の診断を受け7日以上の入院治療が必要な妊婦さんで21日を限度として助成。(所得制限あり)

 

〜対象となる病気〜

 

妊娠により入院治療を必要とする次の疾病及びその続発症が対象です。

 

妊娠高血圧症候群及びその関連疾患

 

糖尿病

 

貧血

 

産科出血

 

心疾患(しんしっかん)

 

申請先  

 

お住まいの保健予防課又は保健センターに申請しましょう。

 

〜必要書類(1、2及び5の書類は申請先に置いてあります。)〜

 

・医療費助成申請書

 

・診断書

 

・住民票の写し

 

・健康保険証の写し

 

・世帯調書

 

・所得税額証明書類(確定申告の控えのコピー、源泉徴収票のコピー、住民税課税(非課税)証明書等)

 

・母子健康手帳

 

・印鑑 など

 

注意!  

 

申請期間が決まっています。 手続きが遅れた場合は、医療費の助成が受けられないことがありますので注意しましょう。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語