妊娠中・授乳中可能な薬についてー胃腸症状

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


妊娠中・授乳中可能な薬についてー胃腸症状

胃食道逆流症

 

《症状》
妊婦さんの30〜50%に起こる症状。胸焼けやげっぷが増えます。

 

《治療》
マイナートラブルー胸やけ・げっぷ・胃もたれ 参照

 

《内服》

 

・制酸薬・・スクラルファート(アルサルミン)・マーロックス

 

そのほか、H2ブロッカー・・シメチジン(タガメット)・塩酸ラニチジン(ザンタック)

 

心下部痛・不快感

 

《内服・注射》

 

・粘膜保護薬・・セルベックス・マーズレンS

 

・制酸薬・・スクラルファート(アルサルミン)・マーロックス

 

・鎮痙薬・・ブスコパン

 

下痢のとき

 

《内服》
ロペミン(下痢止め)
タンナルビン・ビオフェルミン(整腸剤)

 

便秘があるとき

 

《内服》

 

酸化マグネシウム・ピコスルファート(ラキソベロン)
センナ(アローゼン)・センノシド(プルゼニド)
ビサコジル(テレミンソフト、コーラック)
パンテチン(パントシン)

 

《副作用》

 

*ラキソべロンは最初いれすぎるとおなかが痛くなります。最初は5滴ぐらいから始めましょう。その後調節しながら様子を見ましょう。

 

少しずつ内服しましょう。排便状況にあわせて増減しましょう。

 

つわりのとき

 

《点滴》

 

メトクロプラミド(プリンペラン)

 

《内服》

 

制吐薬・小半夏加茯苓湯・半夏厚朴湯・メトクロプラミド(プリンペラン)

 

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語