塗り薬の効用と使用方法

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


塗り薬の効用と使用方法

塗り薬の効用と使用方法記事一覧

ステロイド剤

塗り薬ーステロイド薬とは? 副腎皮質ホルモンで、炎症をおさえるのにすぐれています。炎症を抑える効果の強さによって5段階に分かれています。赤ちゃんに使用されるのは効き目の穏やかなものが中心です。また、部位によってもわけられます(弱い部分ー顔などにはマイルド、背中や腕にはストロングなど)どんなときに使う...

≫続きを読む

 

非ステロイド剤

塗り薬ー非ステロイド系消炎剤 とは? ステロイド成分を含まない塗り薬です。穏やかな効き目で、湿疹など皮膚の炎症を抑える働きがあります。副作用はほとんどありません。どんなときに使うの?・おむつかぶれ、あせも、など、・アトピー性皮膚炎でも、症状が軽い部分など薬の名前 アンダーム(ブフェキサマク)・・炎症...

≫続きを読む

 

抗菌剤入り軟膏

塗り薬ー抗菌剤入り軟膏とは? 抗菌作用がある抗菌剤配合の軟膏。細菌が原因の皮膚のトラブルに効果発揮。どんなときに使うの? ・あせも、ひっかき傷に細菌がつき、化膿したとき。・やけど・怪我をしたときの細菌感染予防に。薬の名前 ゲンタシン(硫酸ゲンタマイシン) ・・とびひの原因となる黄色ブドウ球菌などにき...

≫続きを読む

 

抗真菌薬

塗り薬ー抗真菌薬とは? 真菌の増殖を抑える薬です。真菌が完全になくなるまで使わないと、再発します。しっかり指示通りつかいましょう。どんなときに使うの?・カンジダというカビによる皮膚炎のとき・水虫のとき薬の名前 エンペシド(クロトリマゾール)かびの増殖を抑える薬で、特にカンジダに有効です。皮膚にうすく...

≫続きを読む

 

かゆみどめ

塗り薬ーかゆみどめとは? 抗ヒスタミンなど、かゆみを抑える成分が配合された塗り薬。一時的にほてりを感じることもありますが心配ないでしょう。どんなときに使うの?・蕁麻疹・むしさされ・おむつかぶれなど薬の名前オイラックス(クロタミトン)オムツかぶれや、湿疹、蕁麻疹などのかゆみを和らげる薬。金属に触れると...

≫続きを読む

 

配合薬

塗り薬ー配合薬とは? ステロイド薬などに抗菌剤などを組み合わせてより効果を高めた薬どんなときに使うの? ・湿疹が細菌感染を起こして化膿してしまったり、強いかゆみがあるときに処方されます。皮膚のトラブルの原因や症状に応じて使い分けます。薬の名前 強力レスタミンコーチゾン (酢酸ヒドロコルチゾン+塩酸ジ...

≫続きを読む

 

保湿剤

保湿剤とは?皮膚が乾燥したり刺激を受けると、表面にある角質が傷つき、菌やウィルスが侵入しやすくなります。保湿剤は、傷ついた皮膚の表面に潤いを与え、水分が抜けていくのを防ぎます。ワゼリンタイプ・・油膜をはって水分の蒸発を防ぐ尿素入りタイプ・・水分を保つ効果があるへパリン類似物入りタイプ・・血液の循環を...

≫続きを読む

 

その他の塗り薬

塗り薬ーその他の塗り薬 とは?亜鉛化軟膏(酸化亜鉛)・・かゆみを取り、水疱を早く乾かす効果があります。みずぼうそうのときに処方されます。あせも、虫刺され、蕁麻疹のときにも処方されるときもあります。ゾビラックス(アシクロビル)・アラセナA軟膏・・ウィルスの炎症をおさえます。水疱瘡や帯状疱疹といった、単...

≫続きを読む

 

タクロリムス軟膏

塗り薬ータクロリムス軟膏とは? 1999年に認可された薬です。免疫抑制剤の1種で、免疫を抑えることで、炎症を改善させます。2003年から小児用が許可されました(大人用濃度0.1%・小児用0・03%)ステロイド剤との違い 3郡のステロイド剤と同程度の抗炎症作用があります。長期間使用しても、ステロイド外...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語