肩甲難産(けんこうなんざん)

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


肩甲難産(けんこうなんざん)

肩甲難産(けんこうなんざん)

 

通常の分娩では、児頭娩出後軽くけん引するのみで児の肩甲が娩出されます。
しかし肩甲が軽い牽引では娩出できない場合があり、この状態を肩甲難産といいます。

 

主な原因としては巨大児が多いが、正常範囲内の児でも肩幅がしっかりしている児ではあります。

 

無理にけん引すると腕神経麻痺、上腕鎖骨骨折、また分娩が長引くと児にストレスを生じるため

 

ママの体勢を整えたり恥骨結合上を圧迫したり再度会陰切開をするなどして娩出させます。

 

 

 

みみりんも若いころに4000g台の児の肩がでずに先生に代わっていただいた経験がありました。
肩が大きめの児の娩出させるコツも経験とともにわかってきます。

 

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語