お産の種類

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


お産の種類

お産の種類記事一覧

鉗子分娩とは

鉗子分娩とは、金属製のへら状のものを2枚組み合わせた器具で赤ちゃんの頭を挟み、ママのいきみにあわせて赤ちゃんをひきだすお産をいいます。できれば、自然にママのいきみ(怒責)のみでお産になるのが理想的ですが、すべてがそういうわけにもいきません。特に、急を要する場合におこなわれ、それでも赤ちゃんが生まれて...

≫続きを読む

 

吸引分娩とは

吸引分娩とは、金属またはシリコン製のカップを赤ちゃんの頭に装着し吸引圧をかけて、ママのいきみにあわせて赤ちゃんをひきだすお産をいいます。できれば、自然にママのいきみ(怒責)のみでお産になるのが理想的ですが、すべてがそういうわけにもいきません。特に、急を要する場合におこなわれ、それでも赤ちゃんが生まれ...

≫続きを読む

 

無痛分娩について

無痛分娩とは?欧米では一般的な無痛分娩。でも日本でもふえてきてるんではないでしょうか?痛みに弱い人にはパニックにならずいいかもしれませんね。 ただし、メリットだけではありません。計画分娩の時にしかおこなわない施設などもあります。自然分娩とはまったく正反対といっていいほど医療介入が多いです。その点、後...

≫続きを読む

 

帝王切開について

帝王切開!手術と、聞くとドキッ!としますよね。初めての手術ではなおさら・・一体何をするか不安ですよね。ココでは簡単に説明していきます。少しずつ出産後の生活も変わってきています。旧バージョン、新しいバージョンも参考にしてみてくださいね。病院によって新バージョンに近い病院旧バージョンに近い病院様々です。...

≫続きを読む

 

帝王切開について〜スケジュール(旧)

医師の診察〜逆子がなおっている場合は手術中止になります。結構ありますね。患者さんにとっては気持ちを整理しなおさないといけなかったり、ご主人の仕事、サボートしてくれる方の都合がかわりバタバタするということも…オリエンテーション 同意書、誓約書提出〜ご主人と自分の同意、保証人…印鑑はそれぞれ別々のものを...

≫続きを読む

 

帝王切開について〜スケジュール(新)

帝王切開は、以前に比べて増えてきましたね。ひと昔前は、入院期間2週間、シャワーは1週間近く入れず・・でしたが、早期離床にかわってだんだん早く動いていただくようになってきましたね。病院によっては、多少違います。ひと昔前帝王切開版と見比べて見てくださいね。病院によって点滴の数、シャワー開始時期、授乳開始...

≫続きを読む

 

誘発分娩・促進剤について

陣痛がくる前に計画的に促進剤を使ってお産にもっていくことを誘発分娩または計画分娩といいます。それに対して微弱陣痛などでお産を強めることを陣痛促進といっています。促進剤と聞くと、敬遠される方が多いと、おもいます。私個人の意見としては、使い方が間違っていなければ、決してよくないものではないと、思います。...

≫続きを読む

 

VBAC(ブイバック)とは?

VBAC(ブイバック)とは?(Vaginal Birth After Cesarean)過去に帝王切開手術を経験した経産婦が、次に経膣分娩で出産することをいいます。みみりんの勤務先でも、行っていますし、過去に勤務した病院でも行っていました。ただし、子宮破裂というリスクがあるので、VBAC(ブイバック...

≫続きを読む

 

常位胎盤早期剥離(早剥)(コピー)

常位胎盤早期剥離って何?常位胎盤早期剥離(早剥)は、正常の位置に付着している胎盤が、妊娠中または分娩経過中の胎児娩出前に、子宮壁から部分的または完全に剥がれてしまう疾患です。発生頻度は0.3〜0.9%といわれています。通常は、胎盤は赤ちゃんが生まれたあとにはがれ、娩出されます。胎盤は、赤ちゃんにママ...

≫続きを読む

 

微弱陣痛とは?

お産の経過途中で微弱陣痛になるというのは、結構あります。特に、後もう少しで・・という7センチ〜9センチのところで弱くなってしまうというケースみみりん自身も途中、陣痛が弱くなりましたが、時間とともに、また陣痛が強くなり無事元気な赤ちゃんを出産することができました。妊娠中微弱陣痛にならないように努力でき...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語