お産に向けてできること

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


お産に向けてできること

お産に向けてできること記事一覧

予定日までにしておきましょう

いよいよ36週!いつお産さんになってもおかしくない時期です。生まれてからは育児に追われてできないこともあります。準備しておきましょう!準備しましょう入院用品をバッグにつめ、すぐに、持ち出せるところにおいておきましょう。万が一のとき、来てくれる人、退院後の手伝いに来てくれる人を確保しましょう。   病...

≫続きを読む

 

赤ちゃんを迎える環境

赤ちゃんのための環境を作りましょう!!最適な温度室温は大体20〜24度がベストです。熱い場合は、クーラーをかけたり扇風機を使用してもかまいません。寒い場合は、ファンヒーターやエアコンを使ってもいいでしょう。ただし、設定温度はあくまでも目安なので、赤ちゃんの近くに温湿度計をおいておきましょう。また、直...

≫続きを読む

 

会陰切開 (えいんせっかい)(コピー)

会陰切開 (えいんせっかい)お産のときに、会陰(えいん)部を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置です。切開する方向によって正中切開、正中側切開、側切開の3種があります。お産の状況や先生によって切る方向が違います。また、切開する大きさもそのときの状況で医師が判断します。切開後は、出産後に切った会陰を糸で...

≫続きを読む

 

早く生みたい!

予定日が近くなってくると・・・予定日が近くなってくると、周りがうるさくなり、不安も・・・早く生むには?そんなに簡単に調整できるものではありません。あかちゃんがうまれたい!ときに赤ちゃんが指令を出してくると言われています。プラス子宮口の準備が整ったときにうまれてきます。だからといって、家でじっと過ごす...

≫続きを読む

 

安産のために出来ること

安産がいいですよね安産人によって,安産の受け止め方が違うと思いますがその時々に応じた陣痛があり、赤ちゃんが、うまく回旋してさがってくることができ、元気な赤ちゃんがうまれてくれることかな?と思います。誰だって安産がいいですよね。少しでも、ちかづくことができるように妊娠中からちょこっとだけ努力してみませ...

≫続きを読む

 

陣痛のときに働くホルモン

陣痛の時にはいろいろなホルモンがあります。その働きを知ることで、少しでも、肯定的に陣痛をむかえることができるのでは?と思います。陣痛 発作のときに働くホルモン=オキシトシンこのホルモンは好きな人と手をつないだりすると出るホルモンでホルモン オブ ラブ と、言われています。性交時にも出るホルモンです。...

≫続きを読む

 

リラックスの練習とお産をイメージしてみましょう〜1

お産をイメージする、お産によいイメージを持つということはとっても重要だと思います。特に、陣痛に関してはどうしてもマイナスのイメージが強いのですが、陣痛イコール痛みではなく、赤ちゃんを生み出す大切な収縮ととらえてはいかがでしょうか。そうすることによって、陣痛が来てもあわてることなく、緊張することなく、...

≫続きを読む

 

リラックスの練習とお産をイメージしてみましょう〜2

お産をイメージする、お産によいイメージを持つということはとっても重要だと思います。特に、陣痛に関してはどうしてもマイナスのイメージが強いのですが、陣痛イコール痛みではなく、赤ちゃんを生み出す大切な収縮ととらえてはいかがでしょうか。そうすることによって、陣痛が来てもあわてることなく、緊張することなく、...

≫続きを読む

 

バースプランを書きましょう!(コピー)

みみりんのバースプラン 私のバースプラン。2人目のときは里帰り出産で、お産のとき全員、面識がなく、分娩台ではほぼ平面で寝かせられ腰がすご〜く痛くて、すきなこともいえずつらかった。だから、3人目のお産のときは、側臥位分娩で!!なんていって、スタッフと側臥位分娩のビデオを見て勉強したのにもかかわらず、当...

≫続きを読む

 

バースプランの記入例(コピー)

お産は夫のいる日に計画分娩にしたい なるべく自然陣痛をまちたい ラマーズ法がいい 水中出産がいい ソフロロジー法でお産したい リーブ法をとりいれたい

≫続きを読む

 

会陰切開を防ぐために・・(コピー)

会陰切開についてお産前の不安の1つに、必ずといっていいほど会陰切開があげられるんではないでしょうか?みみりんも、第1子は切って当たり前!と思っていました。ラッキーなことに2子は軽い裂傷ですみ1針縫った程度、3子以降は切れませんでした。できれば、傷がないほうが出産後の育児の支障がないですよね。だったら...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語