妊娠出産育児用語】50音順用語一覧あ行

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


妊娠出産育児用語 あ行

【妊娠出産育児用語】50音順用語一覧あ行記事一覧

アクティブバース

アクティブバース医療者の介入を出来るだけ最小限にして、自分の内に秘めている力を信じ、主体性をもって挑むお産のことをアクティブバースといいます。自分の好きな呼吸法を取り入れ、好きな体位で産むということです。妊娠中から体重管理やイメージトレーニングなど自己管理も必要です。

≫続きを読む

 

アフターピル・緊急避妊ピル

アフターピル・緊急避妊ピル妊娠を望まない場合にS性交中にコンドームが破けたり・・など妊娠の可能性のある場合に 緊急的に使います。方法性交後、72時間以内にアフターピルを2錠飲みます。1回目の内服から12時間後に同じ薬をもう2錠内服します。着床するまでに内服が必要になりますので早めに受診することが必要...

≫続きを読む

 

アフターピル

アフターピル・緊急避妊ピル妊娠を望まない場合にS性交中にコンドームが破けたり・・など妊娠の可能性のある場合に 緊急的に使います。■ 方法性交後、72時間以内にアフターピルを2錠飲みます。1回目の内服から12時間後に同じ薬をもう2錠内服します。着床するまでに内服が必要になりますので早めに受診することが...

≫続きを読む

 

安定期

安定期胎盤が完成し流産の発生率が少なくなる時期。つわりなどの症状が軽減し妊婦さんの体調が安定してくる時期をいいます。一般的に胎盤が完成する16週(5ヶ月)以降をさします。妊娠中、心身ともにもっとも安定する時期なので、この時期に旅行や赤ちゃん用品のデパートめぐりなど行うといいでしょう。

≫続きを読む

 

安産祈願

安産祈願って?に説明しています。

≫続きを読む

 

いちご状血管腫

いちご状血管腫で説明しています。

≫続きを読む

 

戌の日(犬の日)

戌の日(犬の日)と腹帯の巻き方で説明しています。

≫続きを読む

 

インフルエンザ

インフルエンザで説明しています。

≫続きを読む

 

ウンナ母斑(うんなぼはん)

ウンナ母斑(うんなぼはん)とは?で説明しています。

≫続きを読む

 

会陰(えいん)

会陰(えいん)とは?膣口部分の下から肛門部分のこと。お産のときはここがしっかり伸びれば切開や裂傷の必要はありません。ただし、会陰の伸びにも個人差があります

≫続きを読む

 

会陰切開 (えいんせっかい)

会陰切開 (えいんせっかい)お産のときに、会陰(えいん)部を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置です。切開する方向によって正中切開、正中側切開、側切開の3種があります。お産の状況や先生によって切る方向が違います。また、切開する大きさもそのときの状況で医師が判断します。切開後は、出産後に切った会陰を糸で...

≫続きを読む

 

会陰裂傷(えいんれっしょう)

会陰裂傷(えいんれっしょう)赤ちゃんが生まれてくるときに、自然に会陰(えいん)が伸びるのを待ちながらお産を勧めていきますが、 それでも会陰が自然に裂ける事があります。会陰が裂ける事を会陰裂傷といいます。裂傷のほうが治りにくいといわれていますが、切開よりも裂傷のほうが傷が浅くすむと思います。助産師が ...

≫続きを読む

 

会陰保護(えいんほご)

会陰保護(えいんほご)赤ちゃんが生まれてくるときに、自然に会陰が伸びるのを待ちながらお産を勧めていきます。その会陰が裂けないように、助産師などの介助者が会陰を切れないように抑えること。同時に、産婦さんにいきみの仕方をその状況に合わせて誘導していくことも重要になります。

≫続きを読む

 

会陰縫合(えいんほうごう)

会陰縫合(えいんほうごう)赤ちゃんが生まれてくるときに、会陰が自然にきれたり切開した部分を、赤ちゃんが生まれ胎盤が娩出されたあとに縫い合わせること 。縫合時は、痛み止めの注射を行いますので痛みは伴うことが少ないですが、その後 会陰はしばらく引きつったり、痛みが残ります。1ヶ月健診ごろにはいたみはおさ...

≫続きを読む

 

エコノミー症候群(深部静脈血栓症)

エコノミー症候群(深部静脈血栓症)ふくらはぎなどの血管に血の塊(血栓)ができてしまう病気のことです。その塊が肺に到達したときに肺の血管を詰まらせて(肺塞栓症)いろいろな症状をおこし(呼吸困難など)、最悪、死亡するケースもあります。軽度症状として、足のむくみや痛み、ひどくなると 上記のように呼吸困難を...

≫続きを読む

 

E2(エストラジオール)

E2(エストラジオール) エストロゲン(卵胞ホルモン)に含まれる成分のひとつ。発育した卵胞から分泌され受精卵の着床に備え子宮内膜を厚くさせます。基礎体温を下げる働きもあり、排卵の直前には分泌が最高潮になります。基準値(血中)(pg/ml) 男性 15〜35女性(非妊婦) 卵胞期 前期  25〜85卵...

≫続きを読む

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲン(卵胞ホルモン) エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、エストロゲンエストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)が3大エストロゲンと呼ばれています。エストロゲンの血液検査では生物活性が最も高いとされるエストラジオール血液検査が行われるのが通常です。乳汁分泌の準備と妊娠...

≫続きを読む

 

LH(黄体化ホルモン)

LH(黄体化ホルモン)成熟した卵胞に作用し、排卵の引き金になります。エストロゲンが増加すると下垂体前葉からはFSHの分泌量が減少し今度はLHが分泌されます。この働きをうけて卵胞は破壊され、排卵が起こります。高温相(黄体期)ではプロゲステロンの産生を促進します。基準値(mIU/ml) 男性 0.79〜...

≫続きを読む

 

太田母斑(おおたぼはん)

太田母斑(おおたぼはん)とは?で説明しています。

≫続きを読む

 

おしるし

おしるしお産が近くなると、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮との間にずれができ、粘液に出血が混じって 出血の混じったおりものとしてでてきます。 量は、ほんの少し(拭くとつくくらい)から、生理のおおいときまでさまざまです。 色も茶褐色〜赤色までさまざまです。 ただ、おしるしがあったからといってすぐに、お産...

≫続きを読む

 

おたふくかぜ(流行性耳下炎)とは

おたふくかぜ(流行性耳下炎)とはで説明しています。

≫続きを読む

 

おたふくかぜワクチン

おたふくかぜワクチンとは?で説明しています。

≫続きを読む

 
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語