生みたい!でもお金がないときの制度

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


生みたい!でもお金がないときの制度

 

はじめに・・

 

 

 

予定外の妊娠だけど、生んで育てたい!でも、今はそんな余裕がないとき・・・

 

授かった大切な命を大事にして欲しいと思います。

 

今は、出産育児一時金直接支払制度や、妊婦健康診査公費負担 の拡充により妊娠中出産について大金を支払うケースが少なくなりました。

 

ただ、妊娠、出産、育児によって出費が減るということはありません。

 

中絶や借金などを考える前に、まず、相談してください。

 

各自治体には、福祉事務所や社会福祉課があります。

 

いろんな制度がありますので、確認しましょう。

 

利用したい制度

 

 

入院助産制度(出産費用の助成)

 

お産入院できる余裕がないとき。

 

高額医療費貸付制度

 

もしもの入院でお金が必要になったとき。

 

妊娠高血圧症候群等の医療費助成

 

指定された疾患により入院になったとき。

 

お産後、困ったときに

 

 

母子栄養食品(牛乳・粉ミルク)の支給

 

妊娠中の牛乳、またはミルク缶が支給されます。

 

産後ホームヘルプサービス事業(産後支援ヘルパー派遣)

 

安価でお手伝いしてもらえます。

 

児童手当

 

15歳以下のお子さんに支給されます。5000円〜15000円支給されます。

 

乳幼児の医療費助成

 

子供が病気にかかって通院・入院するときに医療費を負担してもらえます。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語