産後の抜け毛

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


産後の抜け毛

産後の抜け毛は、外来の患者さんからも本当によく質問を受けます。

 

みみりんは第5子のときに、それは、毎日ばっさり抜けました。それまでの子のときは、妊娠中に抜けることはあっても産後、あんなにぬけることはありませんでした。

 

はげてしまうのでは?と本当に不安になりました。

 

それでも、いわれている通り6ヶ月を過ぎると、抜ける毛も少なくなってきたように感じます。

 

人によって、年齢によって、ある方ない方さまざまです。

 

とにかく、ストレスをためないように、しっかり食事をとっていきましょう。

 

産後の抜け毛はどうしておこるの?

 

妊娠中はたくさんの女性ホルモンが分泌されています。

 

そのホルモンの働きにより、妊娠中は、髪の寿命が延び、抜ける毛がすくなくなります。

 

そのため、産後、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」の分泌が低下したときに、

 

妊娠中に抜けるはずであった毛も含め一斉ににぬけるという現象がおこります。

 

体が、『わすれてた!』と、いう感じでしょうか。抜けるべき毛が抜けていると思ってください。

 

ただし、これも一時的であり、産後3〜6ヶ月ごろからだの機能が元に戻るころには、

 

元に戻ることが多いですね。

 

ただし、これにも個人差があります。1年以上かかる方もいれば、まったくでない人も・・

 

過剰に心配しないようにしましょう。(と、よく先生も患者さんにお話していますね)

 

予防法

 

しっかり食事を取りましょう!

 

産後は、育児におわれどうしても食事に目が行かなくなることも。できるだけバランスのよい食事を心がけましょう。

 

妊娠中同様、食事だけで心配な場合はサプリメント(ビタミンや亜鉛など)を利用してもいいと思います。

 

髪の新陳代謝を促すには?ビタミンBをとりましょう。

緑黄色野菜、果物、玄米、ナッツ類

 

美しい髪を作るためにたんぱく質をとりましょう

魚、卵、肉、大豆、大豆製品、肉、牛乳、ヨーグルトなど

 

髪の発育のためにミネラルをしっかりとりましょう。

貝類、煮干、、たらこ、レバー、ひじき、わかめ、こんぶ、トマトごま、ナッツ類など

 

髪につやを与えるためにカルシウムを摂りましょう。

小魚、大豆、ひじき、ごま、枝豆、牛乳など

 

ストレスをためず、休めるときは休みましょう。

 

カラーやパーマなどダメージを与えることはしばらく控えましょう。

 

育毛剤や育毛シャンプーなど使ってみましょう。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語