羊水過少症(ようすいかしょうしょう) 妊娠中

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


羊水過少症(ようすいかしょうしょう)

羊水過少症(ようすいかしょうしょう)とは?

 

妊娠の時期を問わず、羊水量が100ml以下を羊水過少といいます。
ただし、量を確認するのは難しいので
計測することで羊水量を推定します。

 

羊水は赤ちゃんを守っている大切なものです。少なくなってしまうと生命の維持も難しくなってきます。

 

臨床的には以下で診断します。

 

・妊娠週数に比べて子宮が小さい。

 

・超音波検査にて

羊水ポケット 2センチ以下もしくは
AFI (羊水インデックス) 5センチ以下

羊水過少の原因

羊水はおなかの中で赤ちゃんがのんでおしっこで出して循環しています。

 

羊水が少ないということは赤ちゃんのおしっこを作り出す腎臓の機能などがうまく機能していない、
胎盤機能が低下して血流が悪くなっているなどが考えられます。

 

胎児腎臓での尿の産生能力の低下→胎児尿の産生の低下

 

  • 腎無形性
  • 腎形成不全
  • 多嚢胞腎
  • 尿路閉鎖

 

胎児の腎血流量の低下→胎児尿の産生の低下

 

 

前期破水(1番の原因)

 

羊水が羊膜腔から流れだす→羊水量の低下

羊水過少症の症状と合併症

羊水は胎児を保護したり胎児の成長を促す大切な働きがあります。
その大切な羊水が少なくなることによって次のようなことが起こります。

 

臨床的には、分娩時に胎児機能不全となり緊急に帝王切開となる症例をみることが多いです。

 

クッションとなる羊水が少ないためにどうしても陣痛がダイレクトに赤ちゃんにつたわったり、

 

酸素や栄養を運ぶ臍が圧迫されて血行がわるくなり、その結果赤ちゃんが機能不全を引き起こします。

 

また、自由に動き回れず手足が変形や障害を残したり、肺が圧迫され肺の形成が妨げられることも起こる可能性があります。。

 

  • 臍帯の圧迫→胎児機能不全
  •  

  • 子宮壁が胎児を圧迫
  • 肺低形成(妊娠早期に起きた場合)・四肢の変形・関節拘縮
  •  

  • 羊膜と密着→羊膜密着

 

肺低形成が高度の場合呼吸不全になり死亡しやすい。

 

 

羊水過少症の治療

根本的な治療はありません。

 

まずは先生の指示通りに健診を受けましょう。

 

必要があれば管理入院し、赤ちゃんの状況によっては

 

早めに分娩や帝王切開にもっていくこともあります。

 

羊水過少と診断を受けても元気に出産されることが多いので心配せず先生の指示に従いましょう。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語