子宮頸管長とは?

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


子宮頸管長とは?

子宮頸管長とは?

 

組織学的内子宮口から外子宮口までの長さを言います。

 

子宮頚官長
子宮頚官長

 

妊産婦と赤ちゃんケアより

 

子宮頸管の長さはふつう3〜4cmありますが,お産が近くなるとだんだん短くなります。

 

切迫早産ではだんだん短くなってきます。

 

〜産婦人科診療ガイドラインによると〜

 

正常妊婦の子宮頸管長は

 

妊娠初期〜中期  40mm

 

32週以降    25mm〜30mm

 

25mm以下は早産のハイリスク とされています。

 

病院によっても異なりますが

 

少なくとも

 

25mm以下では自宅安静や治療が開始され、

 

20mm以下では入院が必要となるでしょう。

 

そのほか

 

頻回に、おなかが張る人などは、内診だけでなくエコーの結果により入院治療、内服などが勧められるようになっています。

 

病院によっては、早い時期に経腟エコーを用いて、早産兆候がないか確認している病院もあります。

 

絨毛膜羊膜炎(CAM)も早産の原因となっている場合もあるので同時におりものの検査をすることが多いです。 NSTも同時に行い総合的に判断されるでしょう。

 

子宮頸管長は、尿のたまり具合でも変化します。また、測定中も、短くなったり長くなったり変化します。

 

入院中では、とくに気になりますので長さによって、落ち込んだり、退院できるかも・・と期待したりしやすいですが、一喜一憂せず、しっかり治療を行ってほしいと思います。

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語