妊娠中・授乳中のたばこについて

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


妊娠中・授乳中のたばこについて

みみりんはタバコはすわないので、吸いたいという気持ちがわからないです。

 

でも、友人にとってもヘビースモーカーの人がいて1日2箱ペロリだったのですが、妊娠とわかったとたんピタッ!とやめました。

 

すばらしい!と思いましたが、授乳終了後再開しています。

 

でも、やめようと思えばやめれるんだナ〜と思いましたがどうなんでしょうか。

 

タバコは100害あって一利なしといわれます。

 

ぜひ、この機会に赤ちゃんのためにも、自分のためにも、ぜひ考えて欲しいナ〜と思います。

 

ご主人など周りの方の煙もよくありません。実は手や洋服についたたばこの煙もかなり影響をおよぼします。

 

ぜひぜひ協力していただきましょう。

 

たばこはママや赤ちゃんにどんな響があるの?

 

1.タバコの中のニコチンは血管を収縮させます。赤ちゃんに流れる血流量が減り、赤ちゃんに送られる酸素と栄養が少なくなります。

 

2.タバコの一酸化炭素がママの血液中に増え、その分も酸素が不足します。

 

3.有毒な物質がたくさん!ニコチン、一酸化炭素、シアン化合物、鉛など

 

妊娠中・授乳中の人が吸うと?  

 

★血管が収縮することにより流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離などの異常も増加します(2〜3倍)。喫煙本数に比例して確立が高くなります。

 

★子宮内胎児発育遅延がおきる・・喫煙しない人に比べて平均200g軽いことが報告されています。ヘビースモカーでは約450gも 軽くなると言われています。

 

★奇形の発生率がやや高くなるとの報告もあります。

 

★出生後の身体発育や知能発達の遅延も引き起こす、と報告されています。

 

★授乳中では、おっぱいの分泌が減る・授乳期間が短くなる。ニコチン中毒により、赤ちゃんの不機嫌、夜泣き、食欲低下が報告されています。

 

★「乳幼児突然死症候群」の原因として母親の喫煙も関与しているのではないかという報告もあります。  

 

★喫煙者のいる家庭といない家庭では、三歳児の喘息様気管支炎の発生率に大きな差があるという報告やタバコを吸う母親の子供ほど病気になり易く、乳児の気管支炎や肺炎による入院率も高いという報告もあります。

 

どうする?

 

★妊娠が判明したあと、禁煙すれば上記のようなことはおこりません。すぐに禁煙しましょう!!

 

★周囲の人の吸うタバコからの煙(副流煙)による受動喫煙のほうが有害物質の発生量が多いといわれています。協力してもらいましょう。

 

ブログにも書きました
スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語