赤ちゃん・妊婦さんの虫除けスプレーについて

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


赤ちゃん・妊婦さんの虫除けスプレーについて

赤ちゃんの虫刺され、ひどくなるとかわいそうですよね。

 

ただ、市販の防虫スプレーなどは、6ヶ月未満には使わないで!と書いてあります。

 

成分に、ディートがはいっているからでしょう。

 

ディートとは?

 

ディートは、ベトナム戦争の際、亜熱帯での野戦のためにアメリカ軍が開発した農薬成分です。

 

ジエチルトルアミドの成分名で、園芸用農薬としてホームセンターでも販売されています。

 

ディートは、頭痛、疲労感、筋肉痛、記憶力減退、皮膚の炎症や腫れ、目のかゆみなどを引き起こすといわれている化学物質です。

 

 

日本の厚生労働省も、乳児については使用を控えたほうが良いとし、また、虫除け剤にディートの濃度、使用量の上限などを明示することや、毒性を調べる動物実験を国内で行うことなどを義務付けています。

 

虫除けスプレーなどに入っていますが、赤ちゃんだけでなく大人でも使いたくない成分ですよね。

 

虫よけシールなどにも入っています。確認して安全なものを使いましょう。

 

みみりんは、自分でつくって使用しています。1度そろえると、何度もつくれますのでぜひお試しください!

 

 

作り方

 

蚊が嫌がるにおいは、ユーカリ、シトロネラ、ペパーミント、ハッカ、レモングラスなどといわれています。

 

みみりんは、自分で購入したシトロネラを使って、スプレーを作っています。

 

網戸や玄関など、蚊が入ってくる場所にスプレーするのも効果的です。

 

容器はあまり安いものを使うと製油の成分でとけたりしますので、専用のものがお勧めです。

 

材料

 

・精油                      5滴
・精製水またはミネラルウォーター     45ml
・ウォッカ or 無水エタノール         5ml

 

・スプレーボトル 

 

作り方

 

1.無水エタノールをスプレーボトルに入れ、精油を入れてよく振ります。
2.その中に精製水を入れよく振り混ぜましょう。

 

注意事項

 

*無水エタノールは薬局で500mlで1500円ぐらいで売っています。

 

*精油はユーカリ、シトロネラ、ペパーミント、ハッカ、レモングラスのうちから、ただしいれすぎないように注意しましょう。

 

*精油は水に溶けないのでまず無水エタノールとまぜて希釈してから精製水を入れましょう。

 

*2週間で使い切りましょう。

 

*直接でも大丈夫ですが、最初は衣類などにスプレーしましょう。

 

*精油をかえて、部屋の芳香スプレーにもなりますよ〜

 

作るのが面倒な方は?

 

 

作るのが面倒であれば、アロマオイルスプレーが市販にも売っています。

 

「アロマの力(ちから)」シリーズ1L(リットル)作れる!?[天然素材で安心・簡単]?手作り虫除けスプレーセット※4種からお好きなオイルが選べます[各10ml]※簡単な「スプレーの作り方」のリーフレット付き

2052円

天然アロマの虫除けスプレー 【アンチバグ(旧名称 アンチモスキートー)】3本セット【送料無料】/虫よけスプレー/ディート不使用

2041円

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語