赤ちゃんに虫歯をうつさないためにママができること

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


赤ちゃんに虫歯をうつさないためにママができること

妊娠中の歯のケアの大切さはここを見ていただくとお分かりになりますが、

 

ママ自身のためではなく赤ちゃんのためにもなります。

 

ここでははママだけでなくご家族のことにもお伝えしたいと思っています。

 

赤ちゃんの歯はいつ作られる

 

なんと、赤ちゃんの歯はママが妊娠がわかってから間もない妊娠7週ぐらいかrでき始めます。

 

乳歯だけでなく永久歯の歯胚も妊娠4か月ごろからつくられ始めます。

 

乳歯の石灰化もそのころから始まります。

 

出産のころには、すでに赤ちゃんの歯茎の下に乳歯がありその下には永久歯の芽もできている状態です。 すごいことですね。

 

そのため、妊娠中から赤ちゃんの歯のもととなるたんぱく質、カルシウム、ビタミンをしっかりとるようにしたいですね。

 

虫歯菌はうつる?

 

赤ちゃんは無菌で生まれてきます。

 

生まれてから、虫歯菌を持つママやパパなどの唾液から入り感染します。使った箸やスプーンなからうつるんですね。 (ママやパパがお口の中でかみくだいた食べ物を与える行為は、実は無菌の赤ちゃんに虫歯菌をにいれているってことになります。怖いことですね)

 

ですから、ママやパパが赤ちゃんに虫歯菌をうつさないためにも、妊娠中に歯の治療は済ませておき、 できるだけ虫歯菌お口の中から減らしておきたいですね。

 

妊娠中から虫歯菌を減らす努力をしましょう!

 

歯科でクリーニングしてもらいましょう。

 

キシリトールを取り入れましょう。

 

妊娠中にキシリトールでホームケアをしたママとしなかったママで生後12か月の赤ちゃんの虫歯菌の感染率を比較したところ、

 

しなかったママ群が虫歯菌の感染率が5倍高かったという研究報告がなされています。

 

ぜひ、赤ちゃんのためにもキシリトールケアをお勧めします。

 

【キシリトールの効果】

 

・pHをさげない。酸を産生しない。

 

・唾液の分泌を促し酸を中和する。

 

・歯垢の付着を減少させる。

 

・歯の再石灰化を促進する。などあげられます。

 

キシリトールの注意点

 

できるだけ50%以上含まれているものを使用しましょう。

 

コンビニやス−パ−などで販売されているものはキシリトールの含有率が少ないものが多いです。

 

歯科で売られている100%にちかいものを使用しましょう。

 

シュガーレスのものを使用しましょう。

 

うまれてくる赤ちゃんのためにもキシリトールできれいにしておきましょう。

【あす楽】◆キシリトール100%◆歯医者さんが作ったチョコ玉 60g【歯科専売品】

864円

【あす楽】【キシリトール100%は歯科専売品だけ】ロッテ キシリトールガム ボトルタイプ 90粒

972円

 

 

 

 

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語