陰嚢水腫

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


   

陰嚢水腫

病院で勤務していると、割りに多いのがこの陰嚢水腫。しばらく様子を見ることになります。

 

陰嚢水腫とは?

 

男の子の6%くらいの頻度で発症します。陰嚢水腫は赤ちゃんがお腹にいる胎生期に、睾丸が袋状の突起物と一緒に腹腔から外に下りてきて、その袋状のものがそのまま残ったために陰嚢がおおきくはれてくることを言います。

 

どんな症状がでるの?

 

睾丸の部分がはれて大きくなっています(片方の陰嚢が膨張して左右不揃い)。

 

痛みはありません。(痛みがある場合は他の病気の可能性がありますので注意)大部分は弾力があり、波動感があります。
懐中電灯で光を当てると、光が透けて見えます。

 

どんな症状がでるの?

 

乳児では自然に治ります。生後1年までは経過を見ます。

 

2年を越えると自然治癒が難しくなるので、手術をすることになります。泌尿器、小児外科に受診しましょうしょう。

 

ソケイヘルニアを合併しているときには早めに手術をします。

 

幼児では約6割、学童では約3割が自然治癒をするといわれています。

 

スポンサードリンク
ベビーマタニティ売れ筋ランキング

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語