赤ちゃんのめやに

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


赤ちゃんのめやに

赤ちゃんのめやにとは?

 

めやにの多くは細菌性の結膜炎が原因で、たいていは目薬の点眼で治ってしまいます。白目の部分が赤く充血したり、涙が出たり、まぶしがったりという症状がよくみられます。これらの症状は結膜炎のほかに、さかさまつげや先天鼻涙管閉塞という病気でも起こります。 

 

どんな症状がでるの?

 

目のふちに膿色のものが付着。起きたときに多い。

 

治療

 

軽いものなら自然に治ることもあります。

 

きれいなガーゼで目やにをふいてあげましょう。

 

また、受診すると大抵、抗生剤の点眼薬が処方されることが多く、2〜3日以内にはなおります。

 

目やにが続いたり、白目の部分が赤く充血したり、涙が出たり、まぶしがったりという症状が出た時には重大な結果をまねく場合があるで、必ず小児科または眼科医にみせてください。

 

(涙嚢炎から涙嚢周囲炎を起こしたり、病気で全身が弱っている時の結膜炎は角膜炎を起こす場合があり、治療が遅れると失明という最悪の事態をまねくことさえあります。)  

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語