スリングを正しく使いましょう!動画付き

 
スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6615429002213929"
data-ad-slot="2366422217"
data-ad-format="auto">


スリングを正しく使いましょう!

スリングを使いこなせるとママも楽ですよね。
事故が起きないように正しく使いましょう。

 

密着しましょう。

 

赤ちゃんを抱きしめれるぐらいに密着しなければいけません。布にたるみがあると赤ちゃんが埋もれて呼吸の妨げになったり、ママの背中に負担がかかったりします。

 

常に赤ちゃんの様子をが見れるように・・

 

赤ちゃんのお顔がしっかり見える状態にしておきましょう。

 

すぐに近くに赤ちゃんの顔がくるようにしましょう。

 

ママが下を向いたときに赤ちゃんのおでこにキスができるような位置で・・

 

赤ちゃんのあごを引きすぎないように

 

丸くなりすぎるスペースがあると赤ちゃんの顎が自分の胸に押し付けられて呼吸の妨げになります。
少なくとも赤ちゃんのあごの下に指1本分のスペースが保たれるようにしましょう。

 

赤ちゃんの背中がしっかり支えられている状態で・

 

たて抱きの場合、赤ちゃんのおなかと胸がままとむかいあうように密着した状態を保ちましょう。緩すぎると赤ちゃんが布に埋もれて気道をふさいでしまう心配があります。
赤ちゃんのお尻が最も低くなる体勢にしましょう。

 

赤ちゃんの足はМ字型になっているように・・

 

股関節脱臼を起こさないためにも、カエルの足のように開きましょう。

 

 

 

 

 

スリングの正しい使い方〜動画

とても参考になる動画があります。

 

〜だっことおんぶの研究所より〜

スリング、兵児帯(へこおび)、おんぶひも

スポンサードリンク
2016年楽天上半期ランキング キッズ・ベビー・マタニティ TOP30

アンケート

サブメニュー


妊娠 出産 赤ちゃん育児・ミルク 母乳育児 産後ママ 病気 離乳食 予防接種 体験談 用語